‘未分類’ カテゴリー

似た特性をもつ、フランキンセンスとの違い

yjimage3

 

 

このエッセンシャルオイルは、高さが30メートルに達することもあるフィリピン原産の熱帯樹木から採取されます。幹につけた切れ込みから出てきた樹脂から水蒸気蒸留法でオイルを抽出します。柑橘系のさわやかな香りがして、心を穏やかで平和な気持ちにしてくれる一方で、眠気を誘わないため、瞑想にはちょうどよいと言われています。中東では数千年前からミイラの保存などさまざまな用途で使われていました。
このエッセンシャルオイルと似た特性を持つものとして、フランキンセンスがあります。古代から祭壇や寺院で使われていたもので、古代エジプトでは神聖な香として用いられ、イエス・キリストの生誕時に贈られたという逸話もあります。今でもキリスト教の礼拝の際に使われることがあります。フランキンセンスは、アフリカ北東部や紅海沿岸地方が原産の低木だという点が違います。こちらも幹につけた切れ込みから出てきた樹脂から水蒸気蒸留法でオイルを抽出します。かすかにレモンのような芳香を感じる木製の甘い香りがして、浅い呼吸を深い呼吸に変えて心を鎮め、瞑想状態に導きます。
どちらのオイルも香りを楽しむだけでなく、スキンケアにも適していて、クリームやローションに混ぜて使うと、肌に生気が戻ります。

肌への影響とは

yjimage3

 

 

柑橘系のような爽やかな香りにスパイシーな香りを併せ持つのが特徴です。中東では数千年前から利用され、原産国フィリピンではピリと呼ばれ果肉は食料に、木材は家具などに利用されている植物です。
心を落ち着かせ、おだやかにする作用がありますが、眠気をさそう効果はないため、集中力アップや瞑想などに適しています。
また、強壮作用により免疫力を高めて、丈夫な体を作れるとともに、抗菌、去痰作用があり、風邪の初期症状などにも効果があります。
それに、皮膚のバランスを調整する機能から、肌の乾燥や老化を解消する効果もあります。ヨーロッパなどでは、乾燥した皮膚を保湿したりするため皮膚に塗る軟膏の原料として利用されることがあります。
そんな精油の効果的な利用法として、クレイパックでのスキンケアをお勧めです。カオリン大さじ1杯に精製水を少しずつ加え混ぜます。柔らかいマヨネーズくらいになったら、この精油を1滴垂らし、よく混ぜて完成です。顔全体や、皮脂が気になる、おでこ、デコルテなどに塗って、5分ほどおいてから洗い流しましょう。皮脂の分泌が調整させるとともに、きゅっと引き締まった感じになります。その後はいつもどおりのお手入れで大丈夫です。
この精油は、通常使用では危険なオイルではありませんが、ご使用の際は念のためパッチテストで問題がないことの確認をお願いします。

身体面への影響とは

yjimage3

 

柑橘系のような爽やかな香りに、スパイシーさも併せ持つ、強い香りが特徴です。
心を穏やかにしますが、眠気をさそう成分はないため、集中したい時や瞑想時に向いています。
中東では古くから使用され、古代エジプトでは、その木から染み出す樹脂の抗菌・防腐作用を利用して、遺体の保存にも利用していたといいます。
身体面への効果としては、免疫力を向上させる機能からから体力増強を計り、風邪の初期症状への効果があげられます。また、去痰作用により風痰をきる効果があります。
お肌にも効果的です。皮膚のバランスを整える作用から、乾燥肌や老化肌にも効果があります。ヨーロッパでは肌に塗る軟膏の材料としても使用されています。
風邪の初期症状の改善には、アロマ加湿器での利用が手軽に始められます。鼻と口から成分を穏やかに吸収しながら、同時にリラックスもできます。
また、アロマバスもお勧めです。バスタブに数滴垂らして入浴することで、成分を鼻と口だけでなく、皮膚からも吸収できるので、より効率的に使用できます。それに、お風呂で体が温まるので、血流もよくなり更なる免疫力アップへとつながります。
まれに、アレルギー症状も見られるので、お肌に直接使用する際は、パッチテストで問題のないことを確認してから始めます。”

精神面への影響とは

yjimage3

 

このオイルの香りは乳香のようなスパイシーな甘みの中にレモンのような爽やかさがあり、精神面にあたたかみのある落ち着きを与え、平和で穏やかな気分にしてくれます。穏やかな気持ちなっても、眠気を誘うことはありません。そして雑念を払い心静かになれるので、瞑想するときや集中力アップさせたい時に向いています。また、過去の嫌な事を忘れさせてくれる香りでもあります。日々の生活の中から感じる不安感や、気分の嫌な高ぶりを静めてくれ、ストレス症状や神経披露の緩和に効果があります。これらはのんびりと楽観的でポジティブな気分につながります。また、このオイルの香りには免疫力を高め、血行を促進し、体を強壮にする作用もありますが、身体面で健康になれば、心の落ち着きと強さにも良い影響を与えます。傷が癒えた、雑念の無い穏やかで平和な気持ちと、身体とのバランスがとれた心は、地に足のついた調和のとれた精神を生み出します。乳香(フランキンセンス)と似た香りであることから、フラキンセンスと同様の効果を求めて代用品として使われることもあります。フランキンセンスの方はエキゾチックで印象の強い香りですが、このオイルの方が優しく軽い感じの匂いです。

エレミのアロマオイル購入のポイントとは

 

yjimage3

 

フィリピンに自生する樹木の樹脂から抽出・蒸溜された樹脂系オイルです。同じカンラン科であるフランキンセンスの親戚でもあり、グリーンノートと柑橘系の爽やかさを併せ持つ芳香が特徴です。心身共に緊張を和らげる効果があり、ストレスにさらされた現代人に最適なオイルです。
このアロマオイルを購入する時のポイントとして、大事な点をいくつかご紹介します。まずは、必ず「Canarium luzonicum」という学名の表記されている商品を選ぶようにしましょう。このオイルは樹脂系ですが植物由来のものですので、学名がついているものですと全世界共通なので安心です。もしくは、アロマオイル・エッセンシャルオイルの知識に長けたスタッフが常駐している店舗で選ぶことが望ましいです。相談に応じてくれるので使用上の注意点などが詳しく分かります。
また、あまり価格の安すぎないものを選びましょう。最近では激安ディスカウントストアなどにも置かれていることがありますが、価格の安すぎるものは別のものが混ざった合成オイルの可能性があります。ピュアオイルの一般的な相場を押さえておくことも大事なポイントです。この場合は5ml~10mlで1000~2000円を目安に考えておきましょう。

オススメのブレンドについて

yjimage3

 

 

樹木から摂れる樹脂系オイルの種類です。香りはレモンのような柑橘系に樹木系がミックスされたシトラスのような爽やかな香りが特徴で、樹脂系特有な香りが苦手な人にも受け入れやすい香りです。同じカンラン科で肌を引き締める効果のあるフランキンセンスとも似ています。ややスパイシー系の香りもあり眠気を誘発しないので、瞑想などに使われることもあります。皮脂の分泌を調整させる役割があるほか、心を穏やかに落ち着ける効果もあります。クレイパックに混ぜて使われたり、トリートメントや芳香剤として費用されるのが一般的です。
このエッセンシャルオイルにおすすめのブレンドとしてご紹介するのは、相性の良いスパイシー系・オリエンタル系の香りのグループです。ジンジャー・フランキンセンス・サンダルウッド・カルダモンなど、似たような香りのグループのものと配合すると香り同士が喧嘩をせずに馴染みます。その他、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系とも相性が良いです。始めのうちは香りの軸をイメージしながら配合することが望ましいです。慣れないうちは一度に何種類も配合することは避け、2種類から2種類くらいのオイルを配合することから始めましょう。”

オススメの使用方法について

yjimage3

 

 

アロマの香りは心と体を癒してくれます。
香りによってはダイエット効果や生理痛の軽減、ストレス解消など様々な効果を発揮してくれます。
中でもオススメの使用方法は湯船に数滴アロマを垂らす方法です。
お風呂に入る事で体の疲れが取れ、心が落ち着く効果がありますが、アロマの香りで更に心を癒して穏やかな気持ちにしてくれる効果があるのです。
仕事でイライラした日などアロマを数滴にお風呂に混ぜてみて下さい。
ゆっとりとした心地良い気持ちにしてくれる事でしょう。
また、ヘアケアの際にアロマを使用する事もオススメです。
ヘッドマッサージにアロマを使用するとリラックス出来ますし、育毛効果にも役立ちます。
ストレスは薄毛や抜け毛の大きな原因の一つです。
アロマの香りとヘッドマッサージの気持ち良さでストレスは軽減されるでしょう。
また、ヘアケアに使用する事で髪の毛から良い香りが漂ってきます。
良い香りに包まれるとリラックスして、落ち着いて仕事や家事など日常生活が送れるでしょう。
日頃仕事などでストレスを感じている方には是非アロマを使用する事をオススメします。
アロマ入りのアイテムも数多く開発されていますので、是非一度使用してみて下さい。

芳香成分について

yjimage3

 

 

 

その名前はあまり知られていませんが、カンラン科の樹木から抽出されるこのオイルは柑橘系のような爽やかな香りで万人に受け入れられやすい樹脂系オイルです。ストレス緩和・免疫力のアップ・集中力アップ・アンチエイジング・粘液過多治療などさまざまな効能があります。柑橘系とグリーン系の香りが特徴で、このオイルの芳香成分はテルピネオール・エレモール・ジペンテン・リモネン・β-ピネン・β-フェランドレンなどが含まれています。
特に主成分のひとつであるリモネンは、オレンジやレモン・グレープフルーツなどの柑橘系に多く含まれている成分です。髙い抗ウィルス性・抗菌性を持ち、風邪や病気などの予防に効果を発揮します。またデトックスや抗酸化作用があり、ストレスにさらされた心身を和らげる効果を期待できます。
またβ-ピネンはもともとはマツ(松)から分離された香りの成分で、松だけではなく針葉樹に多く含まれておりいわゆるグリーン系の香りに代表されます。強壮作用があり、精神的・肉体的に疲れている時に効果が期待できます。
つまり、これらの成分の特徴からも、柑橘系の爽やかさとグリーン系の穏やかさを兼ね合わせた香りのオイルということができます。

エレミの副作用について

yjimage3

 

 

アロマオイルには抽出種類によって様々な系統の香りに分かれます。
フローラル系、ハーブ系、柑橘系、スパイシー系、森林系、樹脂系などです。
樹脂系の香りは趣があり重厚で個性のある香りがします。
その樹脂系アロマでもレモンのような香り、かつスパイシーでもある香りもするので樹脂系の独特な香りが苦手な人でも好まれやすいのです。
樹脂系の香りは精神安定作用もあります。スパイシーな香りもあることから、心を落ち着けながらも眠気を誘わず、頭がすっきり冴えるような感覚になります。集中力が必要なときにはぴったりのアロマオイルです。
原材料はフィリピンに自生するカンラン科の木の樹脂から抽出されます。
防腐作用、殺菌作用、強壮作用、抗ウイルス作用、鎮痛作用などがあります。
身体への作用は、免疫力を高める、痰をきる、消化不良、下痢、皮膚の感染症、肌の皮脂バランスを整えるという効果があります。
香りを楽しむという以外に、健康のためや軟膏に混ぜるという使い方もできます。
副作用としては、皮膚刺激があるので肌へ塗布する場合は濃度に気をつけなければなりませんし、敏感肌への使用は要注意です。
敏感肌はバリア機能が弱く刺激を受けやすいので、どのアロマでも濃度の調整が必要なのです。”